人文研究No.141~150

No.150 別冊

人文研究No.150別冊 表紙
【発刊】 2013年

人文学会設立五〇周年・『人文研究』第一五〇号発行記念号(別冊)

No.150

人文研究No.150 表紙
【発刊】 2003年
  • 白い手のハーマイオニ『冬物語』における王妃の裁判と三つの国の文化摩擦石井 美紀子
  • 女の職業としての詐欺師―オルコット「仮面の陰で」「V.V」など山口 ヨシ子
  • 「観音寺日譜」(5) (京都府乙訓群大山崎町観音寺所蔵)―宝暦九年日譜(2)石井 日出男
  • コヴェントリー=サイクル劇(XVI)橋本 侃
  • 『明六雑誌』の発行と廃刊について秋山 勇造
  • 研究的几点思考中国語動詞価理論に関する一考察徐 峰

No.149

人文研究No.149 表紙
【発刊】 2003年

特集(日・中関係100年を問う)戦前中国における日本租界の研究

  • 特集-1 日・中関係100年を問う~21世紀を見据えて中国語学科創設10周年(1997年)記念シンポジウム
  • まえがき大里 浩秋
  • 基調報告:「 20世紀の日中関係」(付:2001年に思う)小島 晋治
  • 「私と中国研究-中国・魯迅との出会い」尾上 兼英
  • 「日本の中国・香港認識が意味するもの」沢田 ゆかり
  • 「日本近代史と台湾-批判精神の欠如について」戴 国煇
  • 「日中関係100年から何を学ぶか」田畑 光永
  • 「25年の日中交流をふりかえる」莫 邦富
  • 質疑応答
  • 特集-2 戦前中国における日本租界の研究
    -日本人社会の形成、変容、消滅にいたるプロセスの解明
  • 長江上流の影薄き夢の跡・・・重慶租界田畑 光永
  • 杭州日本租界について大里 浩秋
  • 蘇州の日本租界と近代都市の形成厳 明
  • 蘇州日本租界と片倉製糸-『蘇州市第一絲厰厰志』抄訳-山口 建治
  • 漢口の都市発展と日本租界孫 安石
  • 執筆者紹介

No.148

人文研究No.148 表紙
【発刊】 2003年

湯田 豊・伊藤喜栄教授退職記念号

  • ディオニュソスに憧れるアポロ俊英の徒、湯田 豊さん岡野 哲士
  • 湯田豊先生のご停年退職‐ある時代の終わり‐三星 宗雄
  • 喜栄先生の遠近・小馬 徹
  • 伊藤喜栄先生と伊藤家の食卓八久保 厚志
  • 親の死と子どもの親権-シェイクスピアを社会の康o.墲ケ鏡にして石井 美樹子
  • 「離宮八幡宮の成立」試論鈴木 江津子
  • 西周『致知啓蒙』を読む(下)鈴木 修一
  • 英国における現代語教育の現状-歴史的背景を踏まえて-上條 雅子
  • 箱選びの場面におけるポーシアの言葉について-聞き手依存型のコミュニケーション方略-国府方 麗夏

No.147

人文研究No.147 表紙
【発刊】 2002年

佐野正巳先生追悼号

  • 佐野正巳先生を悼む日高 昭二
  • 佐野正巳さんのこと高野 繁男
  • 永痛の追憶厳 明
  • 佐野先生のこと浅山 佳郎
  • F・シュライエルマッハーの罰論についての批判的考察大西 勝也
  • 『コリン』、ヤンカ、ミールケ」塚田 眞幸
  • 「山月記」の季節について」三浦 吉明
  • <翻訳>コヴュントリー=サイクル劇(XV)橋本 侃
  • 西周『致知啓蒙』を読む(上)鈴木 修一
  • チリ、新自由主義と独裁(1973-1989)ヴイクトル・カルデロン・デ・ラ・バルカ
  • 現代社会における都市景観と住民-谷中・三崎坂を事例として竹中 宏子

No.146

人文研究No.146 表紙
【発刊】 2002年

松山正男教授退職記念号

  • 主不在の研究室鳥越 輝昭
  • <翻訳>コヴェントリー=サイクル劇(XIV)橋本 侃
  • <史料紹介>「観音寺日譜」(5)(京都府乙訓郡大山崎町観音寺所蔵)一宝暦九年日譜(1)石井 日出男
  • 現代中国語の「時制」の意味研究加藤 宏紀

No.145

人文研究No.145 表紙
【発刊】 2002年

箕敏生先生追悼号

  • 寛敏生先生を悼む日高 昭二
  • 断章三鬼 清一郎
  • 寛君どうも有難う中島 三千男
  • 寛さんのこと浅山 佳郎
  • 寛先生からの言葉松本 安生
  • 寛先生との思い出本田 明日香
  • 女詐欺師の登場する風景-サウスワース『見えざる手』山口 ヨシ子
  • フェルスターとヴイヘルン-フェルスターのヴイヘルン評価について-大西 勝也
  • <翻訳>コヴュントリー=サイクル劇(XIII)橋本 侃
  • <史料紹介>「観音寺日譜」(4)(京都府乙訓郡大山崎町観音寺所蔵)一宝暦二年日譜(2)石井 日出男
  • アルプスと崇溝|ワーズワスとターナー岩崎 豊太郎
  • <研究ノート>戸籍制度とジェンダー星野 澄子

No.144

人文研究No.144 表紙
【発刊】 2001年

石井陽一教授退職記念号

  • 石井陽一先生へのエール青木 康征
  • 『怪文書』と『われらが不満の冬』をめぐる諸問題塚田 眞幸
  • アメリカ植民地期フィリピン議会政治の生成と展開-1899~1941年-永野 善子
  • <翻訳>コヴェントリー=サイクル劇(XII)橋本 侃
  • <史料紹介>「観音寺日譜」(4)(京都府乙訓郡大山崎町観音寺所蔵)一宝暦二年日譜(1)石井 日出男
  • <講演記録>中国山西省における日本軍性暴力に関する調査について石田 米子
  • 『天うつ浪』のなかのニーチェ鈴木 修一
  • 中国稲作文化東傳(?)日本再探金 健人
  • チリ:少数独裁共和制から民衆の政治参加ヘヴイクトル・カルデロン・デ・ラ・バルカ
  • <翻訳>エゲリア巡礼記太田 強正

No.143

人文研究No.143 表紙
【発刊】 2001年

古川知生教授退職記念号

  • 古川先生の人間学-長い間ありがとうございました-矢野 博
  • フィリピン国立銀行と通貨制度の再建-1921~27年-永野 善子
  • S.ハイム対第11回中央委員会総会塚田 眞幸
  • 自然から生成する精神-ヘーゲル「一般哲学概説」講義草稿(二)の考察-伊坂 青司
  • <研究ノート>唯識の体系 -研究のための一つの戦略-湯田 豊
  • <翻訳>コヴェントリー=サイクル劇(XI)橋本 侃
  • <史料紹介>「観音寺日譜」(3)(京都府乙訓郡大山崎町観音寺所蔵)一寛延二年日譜(2)石井 日出男
  • 太田南畝の狂詩の文法浅山 佳郎, 厳 明
  • " マシャード・デ・アシスの生との和解-『ブラス・クーバスの死後の回想』と『アイレスの覚書』から見えてくるもの-

No.142

人文研究No.142 表紙
【発刊】 2001年
  • " わたくしの""唯識"" -ヴァスバンドゥの世界-"湯田 豊
  • <翻訳>コヴェントリー=サイクル劇(X)橋本 侃
  • <史料紹介>「観音寺日譜」(3)(京都府乙訓郡大山崎町観音寺所蔵)一寛延二年日譜(1)石井 日出男
  • ワーズワスの想像力と湖岩崎 豊太郎
  • スピーチ・アクト理論と応用言語学におけるその有用性岩崎 典子
  • <研究ノート>多言語多文化社会スイスの実状古岩井 嘉蓉子
  • チョーサー没後600年-中世詩研究の今-奥田 宏子

No.141

人文研究No.141 表紙
【発刊】 2000年
  • 中村元の『インド思想史』-一つの読み方-湯田 豊
  • <翻訳>コヴェントリー=サイクル劇(IX)橋本 侃
  • 中国稲作文化東傳(?)日本探源金 健人
  • 『十二夜』における音楽と水のイ・[ジ-変容の象徴として-濱田 あやの