共同研究グループ

共同研究グループ

人文学研究所の基本的な活動は、共同研究グループによる調査・活動計画と、国外研究機関との学術交流の二つに分けることができます。本研究所設立以来、活動を展開した共同研究グループは総数30グループ以上を数えます。

共同研究グループ一覧

  1. 日中関係史

    日中関係史

    代表:鈴木 陽一
    神大の先生 研究者情報

  2. 色彩と文化 Ⅳ

    色彩と文化 Ⅳ

    代表:尹 亭仁
    研究者情報

  3. 言語変異研究

    言語変異研究

    代表:彭 国躍
    神大の先生 研究者情報

  4. <身体>とジェンダー

    <身体>とジェンダー

    代表:熊谷 謙介
    神大の先生 研究者情報

  5. 自然観の東西比較

    自然観の東西比較

    代表:上原 雅文
    神大の先生 研究者情報

  6. 越境する比較文化

    越境する比較文化

    代表:ステファン・ブッヘンベルゲル
    神大の先生 研究者情報

  7. ヒト身体の文化的起源

    ヒト身体の文化的起源

    代表:衣笠 竜太
    神大の先生 研究者情報

  8. NCH新聞研究会

    NCH新聞研究会

    代表:孫 安石
    神大の先生 研究者情報

  9. 声の文化

    声の文化

    代表:村井 まや子
    研究者情報

  10. 日韓対照言語研究

    日韓対照言語研究

    代表:尹 亭仁
    研究者情報

  11. 各国近代文学の研究

    各国近代文学の研究

    代表:松本 和也
    神大の先生 研究者情報

  12. 知覚認知システムの普遍性と多様性

    知覚認知システムの普遍性と多様性

    代表:吉澤 達也
    神大の先生 研究者情報

  13. 知覚認知システムの普遍性と多様性

    学びの見える化

    代表:齊藤 ゆか 神大の先生 研究者情報

日中関係史

メンバー 代表者:鈴木 陽一
松本安生・彭 国躍・村井 寛志・孫 安石 
〔名誉〕大里 浩秋・中島 三千男・日高 昭二・山口 建治
〔元教〕吉川 良和
〔非〕中村 みどり
〔学外〕朱林・王雪萍・周一川・見城悌治・劉建雲・楊中美・呉暁林
研究テーマ 近代以降現在までの日中関係の諸問題
活動計画 1.メンバー各自の関心に基づく研究会の開催
2.学外研究者の講演、研究交流
3.日中相互の留学生に関する調査研究
4.在日華僑に関する調査研究
5.中国朝鮮における旧日本租界に関する調査研究
活動報告 2016年度 2015年度
叢書 有2018年

色彩と文化IV

メンバー 代表者:尹 亭仁
彭 国躍・堤 正典・佐藤 裕美・菊田 和佳子・鈴木 幸子・髙木 南欧子
小林 潔・李 忠均
〔非〕小林 一美・李 鎧光
〔学外〕林 福子・齋藤 葵
研究テーマ アジアの色彩・言語景観
活動計画 1.随時研究会を開く。
2.外部関係者による講演会を開催する。
3.国内・国外で調査を行なう。
活動報告 2016年度 2015年度
叢書

言語変異研究

メンバー 代表者:彭 国躍
鈴木 慶夏・加藤 宏紀・夏 海燕・鈴木 進一
研究テーマ 言語の多様性、言語と社会、文化とのかかわりを研究する。
活動計画 1.言語景観と言語変異
2.言語政策と言語変異
3.言語教育と言語変異
4.地域文化と言語変異
5.命名の多様性と言語変異
活動報告 2016年度 2015年度
叢書

<身体>とジェンダー

メンバー 代表者:熊谷 謙介
山口 ヨシ子・村井 まや子・ クリスチャン ラットクリフ・小松原 由理
ジェームズ ウェルカー・笠間 千浪・古屋 耕平・サルブラン シモン
〔非〕中村 みどり
研究テーマ 近代以降、大きく転換した身体表象の変容と、その文化的・社会的メカニズムとの関わりについて、なかでもジェンダーという視点に注目しながら、地域や時代を横断した多様なテクストをもとに考察する。
活動計画 1.昨年度に引き続き、男性表象論というテーマのもと、叢書発行に向けて、各メンバーの発表を中心とした研究会を開催する。
2.叢書を年度末までに発行する。
活動報告 2016年度 2015年度
叢書 有2018年

自然観の東西比較

メンバー 代表者:上原 雅文
伊坂 青司・小熊 誠・坪井 雅史・鳥越 輝昭・前田 禎彦・村井 まや子・山本 信太郎 ・大川 真由子
研究テーマ 風土を基礎にした神と自然についての歴史的、思想史的な比較研究
活動計画 1.グループメンバーを中心とした研究会を開催する(前期4回、後期4回程度)。
2.外部から研究者を招聘して講演会を開催する(2回)。
3.叢書を出版する。
活動報告 2016年度 2015年度
叢書 有2018年

越境する比較文化

メンバー 代表者:ステファン ブッヘンベンゲル
クリスチャン ラットクリフ・村井 まや子・古屋 耕平・大島 希巳江
〔学外〕前島 志保・畠山 寛
研究テーマ 比較文学・文化の方法論を用いた研究を行う。
活動計画 2018年度は活動休止
活動報告 2016年度 2015年度
叢書

ヒト身体の文化的起源

メンバー 代表者:衣笠 竜太
笹川 俊・北岡 祐・塩田 耕平
〔非助〕川本 裕大・久保 槙平
〔非〕鈴木 崇人・八重嶋 克俊
〔学外〕山本 耕太
研究テーマ 人間の身体を系統的に遡り、その根源を考察することで、身体が持つ機能的な意義を検討する。
活動計画 1.研究テーマに関連した講演会を年4回程度実施する。   
2.研究テーマに関連した調査を行う。
活動報告 2016年度 2015年度
叢書

NCH新聞研究会

メンバー 代表者:孫 安石
岩本 典子・村井 寛志・山本 信太郎・泉水 英計・菊池 敏夫
〔学外〕土屋 和代
研究テーマ 神奈川大学が所蔵するNCHの新聞(ProQuest Historical Newspapers: Chinese Newspapers Collection)の日本、中国、韓国、東南アジア諸国に関連する新聞記事の研究
活動計画 ① NCH関連の研究会開催、
② NCH関連の資料調査
③ NCHの輪読会の開催
活動報告 2016年度 2015年度
叢書 検討中

声の文化

メンバー 代表者:村井 まや子
小馬 徹・深澤 徹・廣瀬 富男・渡部 かなえ・郷 健治    
〔名誉〕山口 建治      
〔元教〕吉川 良和      
〔学外〕中脇 初枝
研究テーマ ・民話の国際比較
・言語と物語の文法
活動計画 ・メンバーによる研究発表
・学外研究者による講演会の開催
・研究書の出版に関する打ち合せ 
活動報告 2016年度 2015年度
叢書 検討中

日韓対照言語研究

メンバー 代表者:尹 亭仁
佐藤 裕美・髙木 南欧子・野﨑 まり
〔非〕李 忠均・崔 英姫・斉藤 紀子
〔学外〕上保 敏・文 彰鶴
研究テーマ 日韓両言語におけるヴォイス・テンス・アスぺクト・モダリティの対照研究
活動計画 1.メンバーによる研究発表。
2.研究関係者による講演会の開催。
3.外部学会などでの発表の支援。
活動報告 2016年度 2015年度
叢書

各国近代文学の研究

メンバー 代表者:松本 和也
熊谷 謙介・古屋 耕平
〔非〕中村 みどり
研究テーマ 1.各国の近代文学の対象・方法・成果を比較検討する。
2.各国の近代文学(研究)の社会的、歴史的配置を研究する。
3.「新しい文学研究」の方法論・実践を模索する。
活動計画 1.研究テーマに即した調査・研究の実施
2.各メンバーの関心に基づく研究会の開催
3.学外研究者の講演・研究交流
活動報告 2016年度 2015年度
叢書

知覚認知システムの普遍性と多様性

メンバー 代表者:吉澤 達也
前原 吾郎・松永 理恵
研究テーマ 人間の知覚・認知の仕組みについて、研究することを目標としており、特に知覚的様相や認知的様相に共通な普遍性とそれらの様相の相互効果によって展開した多様性を現象・行動観察や計算論的解析などを通して明らかにする。
活動計画 1.共同研究遂行    
2.公開講演会開催(随時)
3.研究報告会開催(2019年3月)
活動報告 2016年度 2015年度
叢書

学びの見える化

メンバー 代表者:齊藤 ゆか
太田 早織
〔学外〕森 和夫・西村 美東士
研究テーマ 専門職等の人材育成の見える化を行い、教育・学習のあり方や体系化を検討する。
活動計画 1.各研究テーマを持ち寄り、研究会を開催する。(年20回) 
2.外部の専門家と連携し、研究合宿を行う。(年2回程度)
3.先進事例等の収集、現地調査を行う。
4.研究テーマに関わる講演会の実施を行う。
活動報告
叢書 検討中2019年